Webで文章を書くならツールは選んだほうがよい

たぶん一時期ほどではなくなったが,ブログブームというのはあるらしく,「何が何でもブログ!」という人が多いようだ.別にブログでもかまいはしないが,文章を書くときには「どのくらいのペースで更新できるのか?」を考えた上でブログサービスをにするか,Web日記レンタルサービスにするか,もしくはテキスト志向サイト(今はそんな言い方はしないだろうけど)にするか,考えた上で使い始めてほしいとおもうのだ.

ブログサービスにしても,Web日記レンタルサービスにしても,テキスト志向サイトにしても,それぞれに長所/短所があり,それらを考え抜いた上で使い始めれば,それがその人にとってよい選択となると思うのだ.しかし,流行に乗り遅れまいとして「ブログでなければいけない!」と考えるのが一番危険である.ブログ以外でも望まないリンクやメールが来ることはあるが,ブログにはそれにくわえてコメントやトラックバック機能があるばかりにスパムをもらいやすい環境がそろってしまうからである.それを踏まえた上でブログ全体の管理が出来るならばそれでも構わないが,無理なら始めから選択肢に含めないほうが賢明である.

そして,いずれの選択肢でも自分の書いたことに対して責任が取れるか? ということも考えて欲しい.実際に,書いたことに対して多くの批判にさらされたり,会社を解雇されるケースも挙がってきている.そこまでの覚悟ができて使い始めるべきなのだ.何も考えずに始めて,後で痛い目見ても,知ったことではない.

ちなみにこのサイトはブログではあるが,コメントやトラックバック機能がないのは,自分では開発できないのと,そのプログラムがこのサーバでは使えないこと,そしてオイラが必要だとは思っていないからである(何か言いたいことがあればメールを送ればいいじゃない! と言うのは単なるわがままか?).

Ads.